とあるヨッパライが、気まぐれに書き散らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外せるロングショットのレバー
えーなんかチープなオモチャの鉄砲ばっかでNERFやってないじゃん! 的な気がしてきた。ので、ちょっとはヤッてますよーーというお話。

ロングショットのコッキングレバーは一旦取り付けると外れないってことになってますよね。外すにはマイナスドライバーとか使ってガッ!と力技になる様です。

うちの黄ロングショットは、レバーが外せる様にちょこっと手を入れてます。レバーが外れるとカバンに入れて運ぶ時など、ちょっと便利な気がしますね。気がする程度だけどね。
あとから塗る気になってバラす時にも役立ちます。

どうやったかっちゅうと、簡単。シャフトに固定されてない方の、はめ込むレバーにある2ヶのネジ外してバラします。んでシャフトの溝に咬み込む部分をカッターで少し削っただけ。
DSCN1014.jpg
削る前のパーツ写真が無いのでわかりにくいですが。こんなカンジ。全部削るとすっぽ抜けるので、イイ感じにね。

これでシャフトに付けても強く引っ張れば外れる様になりました。
ちょいと緩い気もするので少し削りすぎたかな? でも今のところ使用に問題はありません。

改造を勧めているのではないので良い子はマネしちゃダメだぞ!
何度も付け外しを繰り返すとすっぽ抜ける様になることも考えられるし、全てで同じ結果が得られるかは判りません。

DSCN1013.jpg
んでオマケ。左はおそらく古い型と思われるモノの同パーツ。形状が改良されてますね。古い方はドライバーでガッとやったら問題起こりそうな形状です。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 The red ogre who cried. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。