とあるヨッパライが、気まぐれに書き散らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FOAM DISK SHOOTER ですって。
諸事情あって、しばらくぶりとなってしまいました。
久しぶりとは思ってましたが、まさか一ヵ月更新してないとはね。
ちょっと反省しました。

さて今回は、ちょっと変わったトイガンで、ディスクシューターです。
円盤型の弾を打ち出すオモチャで、前から欲しいと思ってたんですが、
今回、なんかレトロなデザインの物があったので
思わず入手してしまいました。

DSCN1051.jpgDSCN1053.jpg
コレ。いいカンジでしょ? 箱に説明を兼ねたイラストが書いてありますが、実際、コレ以外一切なーんの説明もありません!
取説類など一切ナシ!!

DSCN1054.jpg
これが内容物。ストックと弾倉2個、弾の円盤が15づつ30発入ってます。
この古めかしいデザインがいいでしょ?!
DSCN1055.jpgDSCN1056.jpg
本体の後部ハッチを開けると予備弾倉が一つ入ります。

DSCN1057.jpg
なんと単3電池が4本も必要!

DSCN1058.jpg
このスイッチ、ナゼかONが2ヶ所あるけど、
上の方だけが作動します。ナンで??

DSCN1059.jpgDSCN1060.jpg
弾はこんなカンジ。柔らかいウレタンフォームで出来ており、かなり安全感が高いですね。ハンズで売ってる素材から作り増し出来そうです。同サイズに丸く抜くことが出来ればですけどね。

DSCN1061.jpg
完全装着。カッコイイ!

さて、撃とうと思ってスイッチを入れたのですが動きません。しかもONが2ヶ所あるもんだから、どっちか死んでるかもわかんないし。
んーこりゃ年代モノでダメだったか・・・と思いしばらく机の上に置いて別な用事を済ませ、も一回やってみようとスイッチを入れると動き出しました!
電気が全身にまわるのに時間がかかったんですかね?

スイッチが入るとモーターが回り出します。
引き金を引くとモーターの力で一発づつ撃ち出されます。あと、撃つたびに愉快な発射音が鳴りますよ。それも何種類かパターンがあるようです。
このための電池数なんだねえ。
なんちゅうか、実に優雅に飛んでいきます。撃ち出すローターが片側にしか無いようで、しばらく飛ぶとゆったりと右に曲がっていきます。
結構良く飛んで楽しいですよ。

これは気に入りました。弾数を増やせると、もっと楽しめるのでナンカ考えてみようっっと。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 The red ogre who cried. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。