とあるヨッパライが、気まぐれに書き散らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEGO BIONICLE TOA MAHRI DART SHOOTER ですって
新しいブラスターが来ました!

こいつは前出のBallzookaと同じ時期にセカイモンで入手したものの、
ややあって到着がえらい遅くなってしまったモノなのです。

これ、一旦はセカイモンの集積センターまで届いたところで検品で輸入規制品としてキャンセル喰らっちゃいました。ワケが解りません。
なのでダメもとで問い合わせ出してみたところ、なんと!チャンと確認してくれて、判断ミスだったとして再度発送手続きしてくれたのです。

まあイロイロ突っ込みどころのある事例でありましたが、セカイモンはちゃんと対応してくれることが解りました。これはホントに有り難いことです。3月から対応商品を増やす(元に戻す)そうなので、皆様もお試しになっては如何でしょう?

さて、本題です。

DSCN1256.jpgDSCN1257.jpgDSCN1258.jpg
LEGO BIONICLE TOA MAHRI DART SHOOTER というブラスター。
ブロックで有名なレゴ社の独自キャラクターシリーズ「BIONICLE」のキャラクターグッズのひとつです。

DSCN1259.jpgDSCN1261.jpg
その正体は Buzz Bee の旧型Tek10のリペイントですね。
旧型のデザインの方がカッコイイと思ってたので
以前から欲しいと思ってたのですが、
これはカラーリングが渋くて気に入りました。

42400_736x627.jpg
ちなみにコレが現行型。なんでこうなるかなあ・・・(^^;)
ま、好みですけどね・・・

DSCN1268.jpgDSCN1263.jpgDSCN1264.jpg
後ろ姿もなかなかカワイイでしょ? 
デザインとしては未来銃のイメージですね。
グリップの形状もスマートで独特です。
子供の玩具とは思えない大きさのNERFに比べ、
Buzz Beeのは皆小ぶりですが、これは握り心地悪くないです。

DSCN1262.jpg
Tek10ってことで10発装填できます。

DSCN1265.jpg
コッキングハンドルは前側にあります。
DSCN1273.jpgDSCN1272.jpg
Buzz Beeのは、なぜかコッキングハンドルを円弧に動かす様に
なってるんですよね。
サンダーボルトもバーサーカも、みんなそう。なんでかねえ・・・

DSCN1271.jpgDSCN1270.jpg
Tek10とサンダーボルトは、シリンダー周りのパーツが共通の様です。
奥にあるのはAIR ZONEのTek10の2丁パックのブラスターですが、これも同様。
ココを見て、デザインはともかくBuzzBeeの工場が絡んでると思い
購入を決めたモノです。

実際、AIR ZONEのブラスターはトラブルが多く聞こえてくるのですが、
これはまともに飛びます。まあパワーはサンダーボルトと同じ程度なんですけどね。

DSCN1276.jpgDSCN1278.jpgDSCN1280.jpgDSCN1277.jpg
リフィルはこんなカンジ。サイズも内径もNERFのソレとほぼ同様です。
が、なんだ? この頭は??
扱いとしてはソニックダーツ的なものでしょうか。
音が出る様な形状ではなさそうですが。
しかしNERF以外で吸盤弾じゃないリフィルは初めてです。

さて感想ですが、まずコッキングが固めです。
サンダーボルトもそうでしたから、BuzzBeeのハンドガンは皆固めなのかもしれませんね。
バーサーカはサイズがあるせいか、あまり感じませんでしたが。

弾の飛びですが、これが意外にイイのです!

BezzBeeはNERFよりも飛ばないと聞いてますし
サンダーボルトもマベに劣ります。

そこでためしに店に持って行ってマベと撃ち比べてみたのですが、
どうも同等に飛ぶ様な気がしてなりません。
あたしの主観なので、そのうち誰かに試してもらおうと思ってます。

もしかして旧Tek10は飛びがいいのか、たまたまコレがアタリなのか?
それは他のTek10と比べてみないことには、何とも言えません。
そんな機会に恵まれると良いのですが。

とにかくコレはイイです!
少し集弾にばらつきがあるけど、10連発は新木場で戦力になるでしょう。
イイのが手に入って嬉しいかぎり! ヨイヨイ

おしまい
スポンサーサイト
Copyright © 2005 The red ogre who cried. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。