とあるヨッパライが、気まぐれに書き散らす
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストックを外すのですが
さて、水鉄砲話で盛り上がったり光線銃で遊んだりでしたが、
いよいよ! 本家Festが近づいて参りました。

とはいえ、相変わらずナニも作れてない体たらくです・・・(^^;)
なさけないなあ・・・

新木場フェスは、まだまだ参加可能ですよ! ゼヒ参加メールを!!

そんなところで。

待望のロングストライクが発売されましたね。
あたしもやっと一丁買ってきました。

注目だったのは、はたして刻印が和名の「スナイパーショット」に変えられているのか? と、やはり日本向けにパワーダウンされているのか? といったところでした。

結果は、刻印はロングストライクのまま。
パワーも変えてない様で安心しました。

しかし和名を付けられるとめんどくさいなあ。
国内発売前までは輸入版を「ロングストライク」国内販売される物を「スナイパーショット」と呼んで話ていたんですが、結局どれもロンストでスナイパ某ってのは国内での愛称ってことだねえ。

でも今後、仕様に変更がある可能性もあるのかな・・・

ってことで小ネタ。

ストックが取り外せると便利でしょ?
以前、蘭剣さんから取り外せる様に削ったよと話を伺ってたので、
早速やってみました。

あーーっと、とにかく改造を奨励するものではありません。
直接削る方法なので、問題が起こった場合に対応する自信のない人は
行なわないで下さい。
個体差によりウマくいかない場合もあります。
コレを見て他者が行なった事に関して、当方は一切の責任を持ちません。
あくまで自己責任の範囲でってことで。

なんだか前置きに力入って長くなっちゃったな。
内容はちょこっとですよ。


DSCN1314.jpg
こんなカンジに削りました。
興味ある人は削ってないストックと比べてみてね。
すでに組み付けちゃった人は、本体を開くと外す事ができますよ。
ネジやバネを無くさない様気を付けてね。

初めはもっと削る量が少なくてもイケルだろうと思ってやってみたんですが、外れなくて本体開いちゃいましたよ。
DSCN1315.jpg
そんで、このくらいまで。傾斜のある方と同じくらいまで削りました。これで結構しっかり取り付けられて外すコトも可能になりました。

しかしコレはあたしの個体の場合ですので、ほかにもあてはまるかどうかはヤッてみない事には解りませんよ。


んでは、もうひとつの方法へのヒント。

DSCN1310.jpg
本体を開くとストック付けるところにはこんなパーツがあります。

DSCN1312.jpg
ちょっとボケてるけど、このオレンジのパーツでかみ合ってしまうワケですな。
ってことは、、です。
このツメのアソコを削ってやっても取り外せるってことですな。
ま、バラさなきゃイカンのでメンドクサイですが、削る量は少なくて済みそうです。

ま、そんなところです。

Lo.st はストックの感じが良くて気に入りました。
本体の長さがあるので、バレル無しで構えてしっくりくる気がします。
これは子供向けとは思えない、大変満足感の高いモノですよ。
ストックに付ける予備クリップも、合わせて欲しくなることでしょうね。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 The red ogre who cried. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。