とあるヨッパライが、気まぐれに書き散らす
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるゆる! 電動ガトリングガンの巻

ナーファーには様々な嗜好がありますが、
あたしの本分と言えば、それはもうバッタもんをはじめとする
「チープトイガン」でございます。

今回はひさびさにそんなオモチャをご紹介。

「GATLING GUN」 電動ガトリングガン  というモノ
gg01.jpg
これ。お見事っ! いさぎよい様の中華モノ

gg03.jpg
単三3本駆動です。電動!

gg02.jpg
箱の裏はマトになっています。結構使えそう! 大きさも十分だし。
そして! 軽い!! 持ち帰りに苦にならない仕様。

gg04.jpggg05.jpg
本体。うぬぅ… 箱絵と一緒じゃ。
かつてのBuzzBee系統のデザインといえそうかなあ。

gg06.jpg
このシリンダーにリフィルを装填。10発です。

gg07.jpg
は〜い。ここんとこ。シリンダーを囲ってるボディの継ぎ目ーー
ぐだぐだのユルユルでっす。

gg08.jpg
専用リフィルを全部装填。
まあ。。問題ないです。

gg09.jpg
毎度の事ですが、ナーフのリフィルは使えません。
ひっかかります。
でも、ぱっと見ですが、パニたんの処理みたいに
削ってやれば撃てると思います。

gg10.jpg
両端のが専用リフィル。ナーフの物より短いですね。
毎度おなじみの中華リフィルですねえ。

gg11.jpg
レールっぽい物が付いてますがレールではありません。
雰囲気作りが大切ですね。

gg12.jpg
パカッと。開いてみました。
スッカスカ! 見事になんもないなあ。。。

gg13.jpg
ローラー式なので、トリガー引くと押し出し棒でリフィルを押し出し、シリンダーを回転させる機構。シンプル。

gg14.jpg
おぅ! ちゃんとモーターが2個ついてます。
チープモノは、昔はモーター1個で撃ち出すのが多かったけど、
今はモーター2個にした方が安くつくのかもしれませんね。

こんなモノです。

ああ。えーっと飛びません。2mちょいで弾道山なりですね。4.5Vだから致し方ありませんね。
電圧上げてやれば、それなりに飛ぶのではないでしょうか。

まあ、ナンです。思った通りのカンジで、んんんーー なーんも特筆する事が無い。ローラー式だから撃ち出しには問題が無いです。なんだろ、このス〜〜ンとしたカンジ…

改造ベースにはいいかもしれませんね。構造が簡単だから手軽にオリジナルブラスターを作れる。
モーターも2個入ってるし。

でもこれで980円。。。チョット高いかなあ。。。
780円くらいでいいんじゃないかなあ。。。

てなかんじで。
あ、リフィルがくっつきます。
10発撃って6発くっつきました! この手の中華弾はくっつかないのがいつものことだけど、こんなに良くくっついたのは初めてだ。それは驚きました。6発でしたけどね。

興味ある方は「あきばUショップ」ってところで売ってますので、神田玩具の行き帰りにでもお求めになっては如何か。って、あまり欲しがる人もいないでしょうなあ。

ではでわ。
おしまい。






スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 The red ogre who cried. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。